2022年09月09日

11月19日バロックチェロ デュオコンサート チケット好評発売中

橋弘治 富田牧子 バロックチェロ デュオコンサート“イタリア・トリノからフランス・パリへ”
11月19日(土)14:00 開演
(13:30開場)
【場所】あづみ野コンサートホール[長野県安曇野市穂高3987-8]
【料金】一般 4,500円/学生 2,000円[学生券はMA企画のみ販売]
【主催・予約・問合せ】MA企画📩 kikaku_ma☆yahoo.co.jp 恐れ入りますが☆を@にタイプし直してください 。 [メールでのご予約は11/17(木)まで]
☎ 03-6317-8916(ベアータ)

MA企画に11月17日までにご予約いただいた方には、一般4500円のところ500円割引いたします。メールまたはお電話にてお申し込みお待ち申し上げております。

💡コンサートの詳細記事はこちらをご覧ください。


posted by mkkk at 23:38| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月10日

10月2日おはなしコンサート第2回

20211002おはなしコンサートs.jpg
チェリスト富田牧子の おはなしコンサート”イタリア!イタリア!”
17、18世紀バロック時代のチェロ作品〜ローマ、ナポリ

共演:ポジティフオルガン 原田靖子(松本市音楽文化ホールオルガニスト)

6月に松本で始めた、チェロを通して西洋音楽の歴史を辿る「おはなしコンサート」。
シリーズ第2回は舞台を南に移し、ローマとナポリを中心に活躍した音楽家を取り上げます。ボローニャで誕生したチェロという楽器は、ナポリのチェリストたちによって広まりました。ナポリから彼らはパリやウィーン、ロンドンで活動を発展させ、チェロ音楽作品や演奏技術を確立させていきます。
ローマでオルガン奏者として活躍したG.フレスコバルディ、オペラの発展に貢献したA.スカルラッティ、彼と共演したチェロの名手F.アルボレアなどの作品を、バロック時代の様式のチェロと弓を用いて、ポジティフオルガン(合奏用の小さなパイプオルガン)と一緒に演奏します。合わせて、16世紀にローマで出版されたD.オルティスの「変奏論」から旋律の装飾法の一例をご紹介します。
1時間ではお伝えしきれませんが、なかなか演奏されない作品も含めて、新たな出会いができるような時を作りたいと願っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

曲目(予定)
ディエゴ・オルティス (c.1510-c.1571):マドリガル「おお幸福な私の目よ」によるレセルカーダより
ジロラモ・フレスコバルディ(1583-1643):バスのためのカンツォーナより「トロンボンチーナ」
アレッサンドロ・スカルラッティ (1660-1725):チェロと通奏低音のためのソナタ ニ短調
ジュリオ・ルーヴォ(17〜18世紀の間):ロマネッラ、タランテラ
フランチェスコ・アルボレア[フランチスケッロ](1691-1739):チェロと通奏低音のためのソナタ ニ長調

2021年10月2日(土) 3回公演(70分プログラム。途中休憩あり)
11:00開演/ 13:15開演/ 15:15開演 [開場は各回15分前]
松本市音楽文化ホール 第3練習室 [ホール裏手、事務室の方へお回りください] 大糸線島内駅下車
各回定員20名 要予約
チケット:一般2500円/小中学生500円/高校大学生1000円 未就学児無料(各回2名まで)
主催・予約・問合せ:MA(エムエー)企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp ☆を@にタイプし直してください(メールでのお問い合わせは9月30日まで)

💡チラシはこちらからご覧いただけます20211002おはなしコンサート.pdf
posted by mkkk at 14:39| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

おはなしコンサート@松本 その1 

チェリスト富田牧子の おはなしコンサート “イタリア!イタリア!” その1
17、18 世紀バロック時代の音楽 〜独奏チェロの始まり

共演:ポジティフオルガン 原田靖子(松本市音楽文化ホールオルガニスト)

チェロという楽器を通して西洋音楽の歴史を辿る、おはなしコンサート。松本市でスタートします!
第1回はこの楽器が 生まれた頃の北イタリアの作品を中心にお届けします。音楽の土台となるバス(低音)パートの役 割から新たな音楽表現へ、演奏技術の探求が始まるチェロの黎明期。前身である大型低音弦楽器 のための G.フレスコバルディや G.B.ヴィターリ、独奏楽器としての先駆者 D.ガブリエッリなど ボローニャのチェロ奏者たちの作品を、バロック時代の様式のチェロと弓を用いて、ポジティフ オルガン(合奏用の小さなパイプオルガン)と一緒に演奏します。
今後開催予定の参加型ワークショップ(楽器を演奏される方とご一緒にバッソオスティナ ートや様々な舞曲でアンサンブルをします)の導入編でもあります。どうぞお楽しみに!

2021年6月5日(土) 3回公演 (70分プログラム。途中休憩あり)
11:00開演/13:15開演/15:15開演 [開場は各回15分前]
場所:松本市音楽文化ホール 第3練習室
各回定員15名 要予約 予約受付中! 💡チケット送付は4月下旬からの予定
チケット:一般2500円/小中学生500円/高校大学生1000円 未就学児無料(5名まで)
主催・予約・問合せ:MA(エムエー)企画  kikaku_ma(at)yahoo.co.jp (前日8時まで)お手数ですがatを@に直してください
posted by mkkk at 09:17| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

「4月21日チェロリサイタル」FAXお申し込みの対応につきまして

3月4日から13日までの間、FAXでチケットお申し込みを頂いた際に、諸事情によりすぐにお返事ができません。お返事が14日以降になる場合がございます。
お急ぎの場合は、メールまたは電話でご連絡いただけましたら幸いです。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
posted by mkkk at 20:45| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

4月21日(水)富田牧子無伴奏チェロリサイタル(昨年4月の振替公演)

昨年4月22日に開催予定だったリサイタルの振替公演のお知らせです。ご案内がたいへん遅れて申し訳ありません!
下記の通り、感染症拡大予防対策をして開催いたします。

💡昨年ご購入いただいたチケットについて。延期公演まで保管していただいているお客様へ。
今回は、同一プログラムで3回の公演をいたします。感染症予防対策のため一回の定員を40名に制限していますので、お席を確保するためにご予約が必要となります。お手数おかけしますが、ご希望の公演をお選びいただき、下記情報のMA企画(メール)またはベアータ(電話)までご一報いただけましたら幸いです。
昨年のマネジメントのアレグロミュージック、またはオペラシティチケットセンターでご購入いただいたお客様には、改めて郵送にてご案内申し上げます。もうしばらくお待ちくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2021年4月21日(水) 3回公演 〈昨年4月22日に予定していたコンサートの振替公演です〉
チェロリサイタル ”ガット弦の魅力”
無伴奏チェロ作品の変遷 その2 多様な音の世界
〜プレーンガット(羊腸)弦を張ったバロックと現代のチェロを使って
11:30am開演(11:15開場)/2:30pm開演(2:15開場)/6:30pm開演(6:15開場)
【場所】近江楽堂(東京オペラシティ3階)
【プログラム】
[バロックチェロで1600年代後半から1800年初めまでの音楽を]
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV 1008
G.B.ヴィターリ、G.M.ダッラーバコ、J.L.デュポールの作品
[モダンチェロで19世紀から現代までの音楽を]
J.シベリウス:チェロのための主題と変奏 (1887)
J.タヴェナー:哀歌 (1990)
P.エスカンデ:白い馬のフィドル (2020 委嘱作品・世界初演)
【料金】各回限定40席  一般前売4000円[当日4500円]/学生2500円 未就学児無料
【主催・予約・問合せ】MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(恐れ入りますが☆を@にタイプし直してください) 
【予約】03-6317-8916(ベアータ)
💡チラシはこちらからご覧いただけます
チラシ表.pdf
チラシ裏.pdf
20210421recitalチラシ表S.jpg

Wed, 21 April 2021 11:30am / 2:30pm / 6:30pm
Cello Solo Recital “Gut Feeling!” 2021 ~Baroque and modern cellos played with gut strings~
at Oumi Gakudo, Tokyo Opera City, 3F
[program]
J.S.Bach (1685-1750): Suite for Solo Cello No.2 in D minor BWV 1008
Pieces by G.B.Vitali (1632-1692), G.M.Dall’Abaco (1710-1805) and J.L.Duport (1749-1819)
Jean Sibelius (1865-1957): Theme and variations for solo cello (1887)
John Tavener (1944-2013): Thrinos (1990)
Pablo Escande (1971- ): White Horse's Fiddle (2020 world premiere)
[Ticket] ¥4000 / at the door ¥4500 / Student ¥2500
[Info & Reservation] MA-Kikaku 📩kikaku_ma(at)yahoo.co.jp

~新型コロナウィルス感染拡大防止対策について~
*当公演は前半、後半とも 30 分程度のプログラムとし、休憩時間に換気をいたします。
*お客様間の距離を十分に保つため、定員 120 席のところ 40 席に限定いたします。
*マスクの着用および入場時の手指消毒にご協力をお願いいたします。
*入場時に検温チェックをします。
*咳、発熱、頭痛など体調に異常がある方は、来場をお控えください。
*チケットの裏面(昨年のチケットをお持ちの方には当日用紙をお渡しします)に、来場者のお名前とご連絡先、 座席番号をご記入ください(感染拡大防止のため、購入者ではなく実際に来場された方全員の連絡先を把握する 必要があります)。チケットは公演終了後に回収いたします。
posted by mkkk at 23:36| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

1月11日コンサート予定通り開催します

maki+yasu210111fryer-S-omote.jpg
1月11日(月祝)松本市音楽文化ホールでの「富田牧子・原田靖子デュオコンサート」は、予定通り開催いたします。
新型コロナウイルスが急速に拡大しているため、長野県独自の警戒レベル(6段階)を松本市では5に引き上げられました。ですが、イベント中止の要請は出されておりません。
感染症流行の中で今回のコンサートを開催するにあたって、感染症予防対策を慎重に検討し、できる限りの準備しております。
ホール入り口では検温チェックをいたします。マスクの着用、手指のアルコール消毒(手洗い)をお願いいたします。
客席数は定員の3分の1以下の200席に設定しており、お席をお選びの際には、他のお客様と十分距離を取ってお座り頂くようお願いいたします。
公演中も空調を回し、休憩中は換気をします。
会場内でのお客様同士の会話は控えめにお願いいたします。
出口での密集を避けるため、お席から近い扉から分散してお帰り頂くようお願いいたします。
公演終了後は、誠に申し訳ございませんが、お客様との密な状態を避けるため、演奏者のロビーでのご挨拶(お見送り)を控えさせていただきます。
心配されている方も多いと思いますが、ご来場に関しては、お客様それぞれがご判断いただけましたら幸いです。

どうぞ、皆様ご無事でお集まりいただき、いい時間を過ごすことができますよう願っております。
よろしくお願い申し上げます。
maki+yasu210111fryer-S-ura.jpg

posted by mkkk at 21:02| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

12月13日コンサート満席となりました

20201213makimakko表s.jpg
12月13日の「富田牧子チェロコンサート ガット弦の魅力 ミエザホール・シリーズ その1 〜ギタリスト塩谷牧子を迎えて」は、お陰さまで完売となりました。
どうもありがとうございます。
残念ながらお断りしなければならないお客さま、誠に申し訳ございません。パンデミックの中、感染予防対策を講じながら開催するため、限られた座席数をご用意することしかできません。
状況を見ながら、諦めずに丁寧に確認しつつ、別の機会や追加公演の企画を考えていきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
感謝にて
posted by mkkk at 16:56| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

12月13日 チェロとギターのデュオコンサート

20201213makimakko表s.jpg
富田牧子チェロコンサート ガット弦の魅力 ミエザホール・シリーズ その1 〜ギタリスト塩谷牧子を迎えて

バロックチェロによる J.S.バッハの無伴奏組曲
モダンチェロとギターとのアンサンブルを
理想の響きを持つ空間で味わう 冬の午後


ヨーロッパの石造りの建造物で弾いた時の音を想起させる理想の響き!
長年探していた、弦楽器の様々な音色や細やかな表現、そして最弱音まで味わうことができる空間に、 分倍河原のミエザホールで出会いました。
この素晴らしい響きに惚れ込んで、新しいコンサートシリーズを開始します。毎回、バロックチェロ で J. S.バッハの無伴奏組曲を演奏するほか、モダンチェロも使って古今の無伴奏作品、またゲストを迎 えてのプログラムなど、都心まで出掛けなくとも、充実した音楽を間近にお楽しみいただきたいと思い ます。記念すべき第1回はこの企画にぴったりな音楽家、ギターの塩谷牧子さんとのアンサンブルをお 届けします。
塩谷さんとのデュオは、2011年の東日本大震災後に都内で行われた、福島から避難してきた人々 を支援するイベントで演奏したのが始まりです。そして今、世界的な感染症の流行によって社会活動が 制限され、人と出会うこと、一緒に音楽をすることが、どんなに人間にとって大切なことか痛感してい ます。音楽による心の交流を大切にする私たちのアンサンブルで、みなさまの心身が少しでも安らぎま すように。
実はミエザホールには駅前開発による立退き話が持ち上がっているそうです。ホールは楽器であり、 音楽を成り立たせる大きな要素であり、演奏家や聴衆が大切に使うことで「名器」に育っていくもので す。同じ方法で再建したとしても同じ響きが約束されるものではありません。
人も音楽も建物も地球上に存在する間に、思う存分生かされることを願っております。

2020 年 12 月 13 日(日) 14:00開演(13:30開場)
【会場】ミエザホール (京王線・JR南武線「分倍河原駅」下車徒歩0分 府中市片町2−21−1大久保ビル2F)アクセス
【チケット】定員 35 名 要予約 3500円
【予約】 ☎︎ 03-6317-8916(ベアータ) 好評発売中です!
*電話またはメールでご予約のうえ、代金を以下にお振込みください。入金確認後、チケットを郵送いたします。
【お振込み先】
郵便振替口座 00170-1-472616 MA 企画
*恐れ入りますが振込手数料をご負担ください
【主催・予約・問合せ】MA(エムエー)企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp (☆を@にタイプし直してください)
*メールでのお問合わせは前日6時まで

【プログラム】
J.S.バッハ:
カンタータ「神の時こそいとよき時」BWV 106 よりソナティナ
無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV 1007
J.S.Bach: Cantata “Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit” BWV 106 - Sonatina Suite for cello solo No.1 in G major BWV 1007
F.シューベルト:アルペッジョーネ ・ソナタ
F.Schubert: Sonata for arpeggione and piano D821
・・・他 ギター独奏

💡新型コロナウィルス感染拡大防止対策について
*受付の混雑を緩和し、接触を減らすため、事前に代金の振込みをお願いします。入金確認後チケットを郵送いたします。
*当公演は前半、後半とも 30 分前後の短めのプログラムとし、休憩時間に換気をいたします。
*お客様間の距離を十分に保つため、定員72席のところ35席に限定いたします。
*マスクの着用および入場時の手指消毒にご協力をお願いいたします。
*チケットの裏面に、来場者のお名前・ご住所・電話番号をご記入ください(感染拡大防止のため、購入者ではなく実際 に来場された方全員の連絡先を把握する必要があります)。チケットは受付にて回収いたします。
*咳、発熱、頭痛など体調に異常がある方は、来場をお控えください。

💡チラシはこちらからご覧いただけます
20201213チラシ表.pdf
20201213チラシ裏.pdf
posted by mkkk at 22:20| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年1月11日富田牧子・原田靖子デュオコンサート

2つのチェロと2つのオルガン
maki+yasu210111fryer-S-omote.jpg maki+yasu210111fryer-S-ura.jpg
2021年1月11日(月祝)14時開演(13:30開場)
【会場】松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)長野県松本市島内4351
【プログラム】
〜第1部 バロックチェロとポジティフオルガンで聴くJ.S.バッハ〜
J. S. バッハ(1685-1750):無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV 1007
     :ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ 第3番 ト短調 BWV 1029
〜第2部 モダンチェロと大オルガンで聴く19、20世紀の音楽〜
J. ラインベルガー(1839-1901):6つの小品 Op. 150より「夕べの歌」「パストラーレ」
C. フランク(1822-1890):大オルガンのための6つの作品 Op. 18より「前奏曲、フーガと変奏曲」
G. カサド(1897-1966):トッカータ(G.フレスコバルディの様式による)

【チケット】前売3000円/当日3500円 全席自由[限定200席]
💡11月1日発売開始!MA企画、ベアータにて予約受付中!
【チケット取扱い】チケットぴあ t.pia.jp/ [Pコード:189350]
以下の店頭で直接チケット購入するとシステム手数料はかかりません
アイシティ21 3F総合サービスカウンター
松本井上プレイガイド(井上百貨店6F)
セブンイレブン(マルチコピー機)
【チケット取扱い/予約】
松本市音楽文化ホール 0263−47−2004(手数料不要/配送不可(当日ホール事務室にて受取り精算))

【主催・予約・問合せ】MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(☆を@にタイプし直してください)
03-6317-8916(ベアータ)beataz@outlook.jp
💡電話またはメールでご予約のうえ、代金を以下にお振込みください。入金確認後、チケットを郵送いたします。11月1日以降の発送になります。
【お振込み先】郵便振替口座 00170-1-472616 MA企画(エムエーキカク)
恐れ入りますが振込手数料をご負担ください。

チラシpdfはこちらからご覧いただけます

〜新型コロナウィルス感染拡大防止対策について〜
*当公演は前半、後半とも30分前後の短めのプログラムとし、休憩時間に換気をいたします。
*お客様間の距離を十分に保つため、定員693席のところ200席に限定いたします。
*マスクの着用および入場時の手指消毒にご協力をお願いいたします。
*咳、発熱、頭痛など体調に異常がある方は、来場をお控えください。
*チケットの裏面(チケットぴあご利用の方には当日用紙をお渡しします)に、来場者のお名前・ご住所・電話番号をご記入ください(感染拡大防止のため、購入者ではなく実際に来場された方全員の連絡先を把握する必要があります)。チケットは公演終了後に回収いたします。

【プロフィール】
Makiko Tomita, Cello
東京藝術大学在学中にリサイタルを行い、演奏活動を始める。イタリア、フラ ンス、ドイツ、オーストリアの音楽祭や講習会に参加、ニューヨークでH.シャピ ロ氏の指導を仰ぐなど、ソロと室内楽の研鑽を積む。同学大学院修士課程修了 後ハンガリー・ブダペストに留学、バルトーク弦楽四重奏団チェロ奏者 L.メズー 氏に師事。NHK-FM「名曲リサイタル」、ORF(オーストリア放送)の公開録音 に出演。弦楽四重奏団のメンバーとしての活動を行う。 ピリオド(各時代や様式に合った)奏法への関心を深め、バロックとモダンに 調整した楽器にガット(羊腸)弦を張り、様式の異なる弓を使い分け、17 世紀 から現代(同世代作曲家の委嘱作品を含む)までの無伴奏作品を中心にソロリ サイタルを継続中。様々な楽器との組み合わせによる「充実した内容の音楽を 間近で味わうコンサート」の企画を続け、室内楽の楽しさを広める活動をライフ ワークとしている。パーカッションとのデュオ《羊とヤギ》で、ヒルデガルト・フォン・ ビンゲンなど中世の音楽や民俗音楽に即興を織り交ぜた独自の世界を展開、
CD「O Terra(大地よ)」を発売。身体と演奏の繋がりを探り、「耳を澄まして、 楽器の音を引き出す」レッスンやアンサンブルワークショップも行っている。2018 年、中町「蔵シック館・茶房」にてライヴシリーズを開始。2020年、長野県へ移住。ミホプロジェクト メンバー。http://tomitamakiko.seesaa.net

Yasuko Harada, Organ
東京藝術大学作曲科および同器楽科オルガン専攻卒業。コンサートホールな どでの演奏活動のほか、日本ルーテル教団セントポール・インターナショナル・ ルーテル教会オルガニスト、立教学院アシスタント・オルガニスト、立教池袋中 学校・高等学校オルガニスト、東京藝術大学オルガン科教育研究助手などを経 て、2014年春より松本市音楽文化ホールオルガニスト。 松本ではオルガンコンサートの企画・演奏や、オルガン講習会「初めてオルガン」「オルガンレッスン基礎・発展コース」などを通じて、地域にオルガンの魅力を軽やかに発信。子どものためのオルガンコンサートとして、ダンスアーティスト やヴォイスパフォーマー、美術家など異ジャンルのアーティストとともに創るユニー クなステージを継続的に行っている。2019年からは、持ち運びができる小さな パイプオルガン(ポジティフ・オルガン)による出張演奏「おでかけオルガン」が始 まり、地元で活躍する音楽家とのアンサンブルによるコンサートを届けている。また、2011年の東日本大震災・原発事故の翌年から国内各地でチャリティー コンサートを続けている「ミホプロジェクト」のメンバーとして、『ひまわりの丘』と 題した祈りのコンサートに、オルガンやリードオルガンの演奏で参加している。(https://mihoproject.wordpress.com/)
posted by mkkk at 14:03| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

11月3日コンサート満席になりました

11月3日富田牧子無伴奏チェロコンサートは、1時、3時、6時の回それぞれ満席となりました。どうもありがとうございます。

posted by mkkk at 19:36| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

【重要】4月22日富田牧子チェロリサイタル延期に伴うチケットの取り扱いについて

maki-200422recital_omote_s.jpg
このたび、4月22日(水)に予定しておりました「富田牧子チェロリサイタル」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、来年2021年4月21日(水)に延期して開催することになりました。公演を楽しみにされていたお客様には心よりお詫び申し上げます。
すでにご購入いただいたチケットにつきましては、2つの方法をご提案させていただきますので、どちらかをお選びください。

💡チケットをマネージメントのアレグロミュージック にてご予約ご購入いただいたお客様
こちらのページもご覧ください。http://www.allegromusic.co.jp/cancel_MTomita.html

@お手元のチケットはそのまま来年4月21日の公演にご利用いただけますので、
お手元にて保管のうえ、コンサート時にお持ちください。

Aチケットの払い戻しを希望されるお客様にはご返金いたします。
お手数ですが、下記の要領でチケットを普通郵便にてご返送ください。

4月30日(木)までに、チケットおよび下記の内容を同公演のマネージメント、アレグロミュージック宛にご返送くださいますようお願い申し上げます。

【ご返送の際に同封していただくもの】
◎4/22富田牧子チェロリサイタル(会場:近江楽堂)のチケット
◎ご返金先詳細 (メモ書きにて以下の内容をお知らせください。)
 (1)チケットをご購入いただいた方のお名前
 (2)お電話番号
 (3)チケット枚数
 (4)お振込先詳細:
 ・金融機関名(銀行名または郵便局)
 ・支店名
 ・口座番号(普通、当座など種類も明記してください)
 ・口座人名義(カナ表記)
【チケットご返送先】 〒102-0094 千代田区紀尾井町3-29-5002 アレグロミュージック 富田牧子チェロリサイタル 払い戻し係

💡MA企画、または本人からご購入いただいた方にはそれぞれ直接ご連絡させて頂きますが、以上と同じ方法で、チケットご返送先はMA企画または本人となります。

感染症の終息はまだまだ先が見えません。この先の社会状況によりましては、こちらからのご連絡やお振込手続きが遅れる場合がございます。その節は何卒ご容赦お願い申し上げます。




posted by mkkk at 21:25| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

2月24日のコンサートについて

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、各地で中止になっているイベントもあるようです。
名古屋での24日の富田牧子無伴奏チェロコンサートは、予定通り開催いたします。
申し込みされたお客様の中でも不安な方がいらっしゃると思います。ご本人の判断による当日キャンセルはお受けいたしますので、ご遠慮なくご連絡くださいませ。なお、当日はメールでの対応はできませんので、電話にてお問い合わせください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by mkkk at 20:06| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

お知らせ!11月1日ギャラリー古藤にて

20191102江古田羊ヤギss.jpg
1日は写真の展示のみの予定でしたが、2時〜4時まで《羊とヤギ》リハーサルをすることになりました。予定が変更になり申し訳ございません。
ご迷惑おかけしますが何卒ご了承ください。
20191102古藤ライヴ&写真展ss.jpg
posted by mkkk at 23:04| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

11月2日プログラム

20191102江古田羊ヤギss.jpg
《羊とヤギ》コンサートの曲目は以下の通りです。

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:
「おお魂の牧者よ」「おお英知の力よ」「いまわれらに開かれたり」「アレルヤ!おお仲立ちの若枝よ」「おお紫衣をまとった王の若枝と冠よ」
バルトークの音楽より断片、「ルーマニア民俗舞曲」、
ブルガリアンリズムのメドレー、
パーカッションソロの即興、
中世の器楽音楽(ダンス)、
グリーンスリーヴス変奏曲
Music of Hildegard von Bingen, Bartok, Percussion solo improvisation, Recercada by Diego Ortiz, Medieval instrumental dances, Bulgarian dances
posted by mkkk at 10:47| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

11月2日コンサート@江古田の予約状況

立て続けの台風の被害に遭われた方へお見舞い申し上げます。途方にくれるような被災状況で、泥だしや片付けの大変さは如何許りかと思います。避難所におられる方のお苦しみを思うとたまりません。寒さがやって来る前に、少しでも早く生活が戻りますように。

11月2日(土)にギャラリー古藤で開催する江古田音楽祭参加のコンサート、富田牧子無伴奏チェロと《羊とヤギ》のコンサートには、連日のようにお申し込みをいただいております。どうもありがとうございます。
ご予約状況をお知らせいたします。
10月23日現在
11時の部「無伴奏チェロコンサート」・・・12名
3時の部「羊とヤギ」・・・15名
7時の部・・・6名

各回定員20名となっております。ご予約お待ちしております。当日まで電話にてご予約承ります。

2019年11月2日(土)江古田音楽祭参加公演
【場所】ギャラリー古藤(東京都練馬区栄町9−16 西武池袋線「江古田駅」西武有楽町線「新桜台駅」大江戸線「新江古田駅」)
☆富田牧子 無伴奏チェロコンサート SOLO CELLO!
〜ガット(羊腸)弦を張ったバロックと現代の楽器を使って〜
午前11:00開演(10:45開場)60分のプログラム
【プログラム】J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調&第2番ニ短調、Z.コダーイ:無伴奏チェロソナタより第2楽章
【料金】大人2,000円/高校・大学生1,000円/小中学生500円  未就学児無料
☆富田牧子(チェロ)×コスマス・カピッツァ (パーカッション)デュオ
《羊とヤギ》の世界へようこそ!
午後3:00開演/午後7時開演(開場は各回15分前)
【プログラム】ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの音楽、中世のダンス、ブルガリアのダンス、バルトークの音楽など
【料金】予約2,500円(当日3,000円)/高校・大学生1,000円/小中学生500円  未就学児無料 *3時の回、幼児は床に座って聴けます
各回定員20名
☆同時開催!
「聖ヒルデガルト修道院 写真展」写真:木田新一

11月1日(金)12時〜夜7時、2日(土)の2日間開催
【ご予約・お問合せ】ギャラリー古藤 03−3948−5328
MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(☆を@にタイプし直してください)
💡詳細記事はこちらをご覧ください
💡チラシはこちら
20191102古藤ライヴ&写真展裏.pdf20191102江古田羊ヤギ.pdf
20191102古藤ライヴ&写真展ss.jpg20191102江古田羊ヤギss.jpg
posted by mkkk at 21:47| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

10月12〜14日のメール対応について

20191102江古田羊ヤギss.jpg20191102古藤ライヴ&写真展ss.jpg
コンサートのお申し込み、どうもありがとうございます。
10月12〜14日は諸事情により、メールやファックスのお返事ができませんのでご了承ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by mkkk at 22:20| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

富田牧子チェロ リサイタル ”ガット弦の魅力” 無伴奏チェロ作品の変遷 その2 多様な音の世界

maki-200422recital_omote_m.jpg
2020年4月22日(水)19時開演
チェロリサイタル”ガット弦の魅力”
無伴奏チェロ作品の変遷 その2 多様な音の世界
〜バロックと現代のチェロを使って

【場所】近江楽堂(東京オペラシティ3階)
【プログラム】
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV 1008
G.M.ダッラーバコ、J.L.デュポールの作品
J.シベリウス:チェロのための主題と変奏 (1887)
J.タヴェナー:哀歌 (1990)
P.エスカンデ:委嘱作品 (世界初演)
【料金】一般前売¥4000[当日¥4500]/ 学生¥2500 9月11日(水)発売!
【チケット取扱い】 03−5353−9999 東京オペラシティチケットセンター
【ご予約・お問合せ】03−5216−7131 ︎アレグロミュージック(平日10:00–18:00)

💡午後3時から1時間(休憩なし)の昼公演もあります。トークつき。小さなお子さんもご一緒にどうぞ!
3:00pm開演(2:45開場)
【料金】一般¥2000 未就学児無料
【ご予約・お問合せ】☎︎03−6317−8916 ベアータ

【ご予約・総合お問合せ】MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(恐れ入りますが☆を@にタイプし直してください)

💡富田牧子のブログ詳細記事はこちらです
💡チラシはこちらからご覧いただけます
maki-200422recital.pdf
maki-200422recital_omote_s.jpgmaki-200422recital_ura_s.jpg
posted by mkkk at 22:15| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

3月2日「カラダこころ ゆるむとき」ライヴのプログラム

ヒルデガルト ・フォン・ビンゲン:
「いま われらに開かれたり」
「おお 仲立ちの若枝よ」
「アヴェマリア、おお 命の泉よ」
「おお 紫衣をまとった若枝と王冠よ」

パーカッションソロ
チェロソロ リゲティ:無伴奏チェロソナタより「ディアーロゴ」

中世のイスタンピッタ「ゲッタ」

お客さま参加お楽しみコーナー✨ 

バルトーク:ブルガリアのリズム

ブルガリアのトラキア地方の踊り
「ラチェニツァ」「ブチミス」

バルトーク:ルーマニア民俗舞曲


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
✨中世の修道女・神秘家ヒルデガルトの音楽をたっぷりと!ヒルデガルトのお茶もご一緒に!
お客さま参加コーナー、新しい試みがあります。

2019 年 3 月2日(土)「カラダこころ ゆるむとき」
《羊とヤギ》ライヴ
【場所】ホームギャラリー ステッチ(西武拝島線・多摩都市モノレール「玉川上水駅」下車)東京都立川市柏町4-77-1
14:45開演(14:30 開場)
料金: 一般3500円 /15歳以下 500円 未就学児無料
お申込み: MA 企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(☆を@にタイプし直してください)
💡詳細はこちら
💡チラシはこちら20190302カラダこころ 2.pdf20190302カラダこころ裏.pdf
20190302カラダこころ 2.jpg20190302カラダこころ裏.jpg
posted by mkkk at 00:10| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

3月2日「カラダこころ ゆるむとき」

弦楽アンサンブルワークショップと《羊とヤギ》のライヴを組み合わせた「カラダこころ ゆるむとき」を開催します。
耳を澄まして、楽器の音を引き出す弦楽アンサンブルのワークショップでは、倍音を聴いて楽器を共鳴させ、お互いの音の調和を楽しみましょう!
初めはお一人5分程度、講師とマンツーマンでのクリニックをします。クリニックでは皆さんでそれぞれ聴き合います。そのあとアンサンブルを試みます。まず全身をほぐすことからスタート。音をよく聴き、開放弦をたっぷり鳴らし、倍音を聴きながら、オクターブ、5度、3 和音を重ね合わせていきます。こうしたアンサンブル的な思考はソロで演奏する時にもたいへん役立ちます。耳が慣れたところでバッハのコラール を弾いてみたいと思います。

《羊とヤギ》のライヴでは、床に座って聴くことができます(室内は靴を脱いでお上がり頂きます)。寝転がってもOK。もちろん椅子もあります。
乳幼児もご一緒にどうぞ!中世の修道女であり神秘家のヒルデガルト ・フォン・ビンゲンの音楽を全身に浴びたら、どんな感じでしょうね。
《羊とヤギ》と踊ろう!コーナーもあります。 中世の音楽や、ブルガリアンダンスで、音とリズムに合わせて歩いたり、踊ったり、 自由に体を動かしてみませんか?

2019 年 3 月2日(土)
場所: ホームギャラリー ステッチ(西武拝島線・多摩都市モノレール「玉川上水駅」下車)東京都立川市柏町4-77-1
12:30〜弦楽アンサンブルワークショップ
14:45〜《羊とヤギ》ライヴ

弦楽アンサンブルワークショップ
時間: 12:30(12:15 開場)〜14 時
参加費: 5000 円
定員: 6名
*譜面台はご用意いたします。
*動きやすい服装でお越しください
*チェロの方はエンドピンストッパー(ホルダー)をお持ちください。
お申込み: MA 企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(☆を@にタイプし直してください)
💡ワークショップ参加初めての方は
1)お名前 2) 楽器 3)携帯電話の番号 4)メールアドレス 5)最近練習している曲
をお知らせください。

《羊とヤギ》ライヴ
14:45開演(14:30 開場)
料金: 一般3500円 /15歳以下 500円 未就学児無料
* ワークショップ参加者は500円引き
お申込み: MA 企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp(☆を@にタイプし直してください)

💡室内は備え付けスリッパをご利用いただきます。動きやすさを重視なさる方はご自身の部屋履きをご用意ください。

チラシはこちらからご覧いただけます
PDF表 20190302カラダこころ 2.pdf
PDF裏 20190302カラダこころ裏.pdf
posted by mkkk at 09:54| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

2019年4月2日 富田牧子無伴奏チェロリサイタル

2019年春、「富田牧子無伴奏チェロリサイタル ガット弦の魅力〜無伴奏チェロ作品の変遷 その1」のお知らせです。

2019年4月2日(火)19時
無伴奏チェロリサイタル「ガット弦の魅力〜無伴奏チェロ作品の変遷 その1」

【場所】近江楽堂(東京オペラシティ3階)

7:00pm開演(6:30開場)
【プログラム】  
  J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番
  G.M.ダッラーバコ、C.グラツィアーニ、A.フランショーム、 F.セルヴェのカプリス
  L.P.デュポール、D.ポッパーの練習曲
  Z.コダーイ:無伴奏チェロソナタ 作品8
【料金】一般前売4000円[当日4500円] 
【ご予約・お問合せ】アレグロミュージック☎ ︎03−5216−7131

✨昼間の60分公演もあります!✨3:00pm開演(2:45開場)
【プログラム】  
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番
  G.M.ダッラーバコ、C.グラツィアーニ、F.セルヴェのカプリス
  Z.コダーイ:無伴奏チェロソナタより第1楽章
【料金】高校生以上2000円/小中学生1000円 *未就学児無料
【ご予約・お問合せ】ベアータ☎︎ 03−6317−8916昼の部にはチケットはございません。お電話にてご予約ください。

💡12月20日前売り開始!
【全体のお問い合わせとご予約】MA企画 kikaku_ma☆yahoo.co.jp (☆を@にタイプし直してください)
👀富田牧子Blog記事リサイタルに寄せて
posted by mkkk at 22:28| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする