2015年11月04日

「羊とヤギ」チェロとパーカッションデュオ

pecora e capra「羊とヤギ」デュオ
チェロの富田牧子とパーカッションのコスマス・カピッツァによるデュオ。
中世から現代に至る音楽を、独自のサウンドと即興を交えたアンサンブル、独創的なプログラムでお届けします。クラシカルな視点だけでなく、カピッツァのラテンのリズム、様々な民俗音楽の音からインスピレーションを受け、特に自然界の生命や呼吸や波動を感じながら、音楽を選曲し創造しています。
「羊とヤギ」の名前は、チェロに羊の腸(ガット)弦を用いていること、山羊の皮を張った太鼓や爪の楽器を揃えていること、二人の星座が牡羊座と山羊座であること、から名付けられました。
照明は木田新一が担当し、音楽に合わせた舞台演出を造り上げます。
この三人で、車で移動できる場所であれば何処へでも伺います。普段はバロックと現代のチェロ二台、大きな太鼓から小物まで数多くのパーカッション、場所に合わせた自前の照明器具で準備します。
ご興味おありの方はぜひ一度このデュオのコンサートにお越しいただき、お声をかけていただけましたら幸いに存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
15578340_2166764300214906_1476868485959586159_oのコピー.jpg
posted by mkkk at 14:26| MA企画の音楽 ご提案 ご提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする